音楽 (Page 9)

« back | top | next »    [ 1 ... 7 8 9 ]

MARIA LAST LIVE Review(3) ライブとバンドについての総評

1 全般的な印象

 ライブ終了後、涙で言葉が詰まってしまった件のスタッフさん(前の記事を参照)が、その少し後で「これまで見てきた中でも、最高のライブだった」という旨の発言をしていた。おそらく会場にいたほとんど全てのファンは、この言葉に深くうなずいたのではないだろうか。本当に心に残るいいライブだったと思う。

続きを読む "MARIA LAST LIVE Review(3) ライブとバンドについての総評"

| | コメント | トラックバック

MARIA LAST LIVE Review(2) ライブ後半~帰京

2 各曲レビュー(続き)

13 カナシミレンサ(作詞:愛華、作曲:TATTSU)

 ここからはアップテンポの曲が怒涛の8連発!その冒頭を飾るのは、MARIAの最後のシングルとなってしまった「カナシミレンサ」。以前から「この曲はライブでは映えるだろうな」と思っていたが、その期待は裏切られなかった。

続きを読む "MARIA LAST LIVE Review(2) ライブ後半~帰京"

| | コメント | トラックバック

MARIA LAST LIVE Review(1) 会場入り~ライブ前半

はじめに

 ライブ終了直後。不思議なことに、私は「悲しみ」も「さびしさ」も感じなかった。ただ、さわやかで清々しい気持ちになったことを覚えている。

 先日(4月3日)、赤坂BLITZで行われたMARIAのラスト・ライブ。チケットこそすぐに購入したものの、参加するかどうかは最後まで迷った。3月にプライヴェートでかなり落ち込むことがあり、その罪悪感で、ライブを楽しめるような心境になれそうもなかったからだ。

続きを読む "MARIA LAST LIVE Review(1) 会場入り~ライブ前半"

| | コメント | トラックバック

ミキシングからみたMARIAサウンド(7) サウンドの進化とライブでの課題

7 考察

7・1 MARIAサウンドの進化
・サウンドの質感の分類図

 図3・1は、MARIAがこれまで発表した楽曲をサウンドの質感に応じて分類したものである(クリックすれば図は拡大します)。横軸にサウンドの重心の高低、縦軸に音色の濃淡の軸を取り、両者をクロスさせて4つの象限をつくり、それぞれの楽曲を大まかにプロットした。

続きを読む "ミキシングからみたMARIAサウンド(7) サウンドの進化とライブでの課題"

| | コメント | トラックバック

ミキシングからみたMARIAサウンド(6) 明石昌夫&太田那東教サウンド

6・1 プロフィール

 MARIAの現・サウンドプロデューサーである明石氏については既に多くの紹介が為されている。詳細はこちらなどを参照。彼がベーシストという点はおさえておきたい。

続きを読む "ミキシングからみたMARIAサウンド(6) 明石昌夫&太田那東教サウンド"

| | コメント | トラックバック

« back | top | next »    [ 1 ... 7 8 9 ]