縦書き (Page 2)

« back | top | next »    [ 1 2 ]

NICOLAが知的生産に及ぼす影響について(上)(親指シフト導入記22)

1 縦書きとの相性は?

1・1 きっかけ

 もともと筆者が親指シフトを導入しようと思ったきっかけは、縦書きモードでのローマ字入力に違和感を覚えたことであった。詳細はこちらの記事に当たっていただきたいが、要はこういうことである;

続きを読む "NICOLAが知的生産に及ぼす影響について(上)(親指シフト導入記22)"

| | コメント | トラックバック

縦書き表示導入記(9) おわりに

9・1 劇的な改善?

 以上、縦書き表示(竹取JS)導入の顛末とそれが執筆にもたらした影響・効果について、あれこれ書いてきた。

続きを読む "縦書き表示導入記(9) おわりに"

| | コメント | トラックバック

縦書き表示導入記(8) タイピングの問題

8・1 ローマ字入力と縦書き表示は相性が悪い?

・ローマ字の痕跡

 さて、今回縦書きでのライティングが頓挫したもう一つの理由として、キーボード入力の問題が挙げられるように思う。ちなみに筆者は平凡なローマ字入力ユーザーなわけだが、実際にタイピングをしてみて、どうもこの入力様式と縦書きとの相性がよくないように感じられたのである。

続きを読む "縦書き表示導入記(8) タイピングの問題"

| | コメント | トラックバック

縦書き表示導入記(7) ライティングの問題

 さて、これまでは縦書きの表示面ばかりに触れてきたので、今度は「縦書きで書くこと」、すなわちライティングの側面について検討することにしたい。

続きを読む "縦書き表示導入記(7) ライティングの問題"

| | コメント | トラックバック

縦書き表示導入記(6) 表示様式の指定問題

6・1 表示様式をあらかじめ指定すべきか

 ブログに縦書き表示を導入してから、文章の表示形式について否応なく敏感にならざるを得なくなった。一応下書きの段階では、縦横どちらの表示でも読める形式で書こうとはしている。しかし、以前にも書いたように、縦書き/横書きに相応しい文章のジャンルというのは、れっきとして存在する。文学や法律系の文章は縦書きの方が向いているし、自然科学やIT・経済系の文章は横書きの方がフィットするだろう。

続きを読む "縦書き表示導入記(6) 表示様式の指定問題"

| | コメント | トラックバック

« back | top | next »    [ 1 2 ]