« 近況報告~親指シフトの導入&過去ログの修正~ | トップページ | なぜNICOLAか?(親指シフト導入記2) »

2011年10月25日 (火)

はじめに&きっかけ(親指シフト導入記1)

はじめに

 前回の記事からだいぶ間が開いてしまいましたが(汗)、お約束通り?これからしばらくの間、親指シフト関連の記事を連続してアップしていこうと思います(だいたい20回くらいの連載になる予定)

 全ての記事(草稿)を完成させるまでに3ヶ月近くかかっていますので、連載の最初の方と後の方とでは、記事の内容や語り口にだいぶ差があるかもしれません(これは筆者自身の立場の変化~親指シフトの初心者から中級者へ~を忠実に反映しているのでしょう)

 また、同じことを何度も繰り返していたり、記述が饒舌になっている箇所も登場しますが、それは筆者自身の「イイタイコト」(←歳がバレるなぁ…)の指標ですので、できればしっかりと目を通していただけるとありがたいです。

 能書きはほどほどにして、さっそく本文へと移ることにしませう。では、どうぞ。

きっかけ

 親指シフトを導入しようと思った直接のきっかけは、縦書きとローマ字入力の相性の悪さに気づいたことである。詳しくはこちらの記事にあたっていただきたいが、その概要は以下の通り:

  • ローマ字入力を行う際に発動される認知・身体システムは基本的に横書き向けに調律されている
  • ローマ字入力で縦書きを行うと、縦書きの執筆&解読に(本来)要求される認知・身体システムと何らかの干渉が生じ、心身に違和感を感じさせる
  • したがって、そのような干渉が生じにくいと思われる「かな入力」を採用すれば、縦書きでも違和感なく執筆できるはずだ
  • そして、通常のかな入力よりも親指シフト入力の方が、入力速度や打鍵の快適さの点で若干優れている(らしい)

 もっとも、筆者自身はふだんは縦書きで入力する機会がほとんどないので、ローマ字入力のままでもいっこうに差し支えはなかった。

 ただ、慣れ親しんだ入力方式(=認知・身体システム)を変えることで書く内容や文体にどのような変化が生じるのか、個人的に強い関心があったので、今回、親指シフトへの挑戦へと踏み切ることにした次第である。(注)

 (注)というのは表向きの理由。「親指シフトを駆使してバリバリ仕事をしているイケてる自分」の姿を脳内でイメージ(妄想)しているうちに、すっかりその気になってしまったというのが、本当のところだったりする(笑)
 まあ、こういった妄想力も、新しいことを始める上での大きなファクターとなり得るわけです(ホンマかいな?)

 (以下、次号)

|

« 近況報告~親指シフトの導入&過去ログの修正~ | トップページ | なぜNICOLAか?(親指シフト導入記2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204948/53082183

この記事へのトラックバック一覧です: はじめに&きっかけ(親指シフト導入記1):

« 近況報告~親指シフトの導入&過去ログの修正~ | トップページ | なぜNICOLAか?(親指シフト導入記2) »